607F5088-7A62-42DF-92D5-C235A5BBF14A.jpe

「東京」について

制作を始めたのは、2017年夏の東京旅行の際、家族とは別行動をとり、一人で宿泊先近くのスタジオに入り、

アコギをレンタルしそこで大枠が完成した。

ホテルに近いところでライブハウスを探し、その日に予約の電話をいれ、また秋に来るという決意と約束をし、ブッキングをしてもらった。そのライヴハウスが御茶ノ水KAKADOでした。

生活費とことんを削り、わずかなバイト代を貯め、三ヶ月後の2017.11.07 憧れのまち「東京」で初ライブを行う。

何か、このやっと来れた!という初々しい気持ちと、

知り合いがほぼ居ないどこか寂しいアウェー感との狭間で揺れている青々とした感情、

その奥にある「もうやるしかない!」という生命力。

きっといつか消えてしまいそうな予感がして、悔しい思いも全部忘れたくなくて、

ライブ終了後のホテルへの帰り道で感情から湧き出るメロディーや歌詞など、事細かくボイスメモに録音した。

実は、当初 2nd Full Album「桜梅桃李」へ収録予定であった。

2018年4月の関東ツアーリベンジ編の際、さらなる課題がたくさん見つかり、

もっともっと成長してから歌おうと思いアルバム収録は見送り、

このツアーでも初披露する予定であったが急遽お蔵入りにしたのだ。

その後も納得のいく仕上がりにはならず、関西ツアーや充電期間を経て、

2020年予定していたツアーでいよいよ披露の予定だったが、コロナウイルスの感染拡大によりツアーは白紙に。

今回もこの悔しい思いを忘れないために、情けなさも全部さらけ出して

同じ境遇にいる人にも染み渡るような曲を、と思い、作り、探し、考えたが、

どうもこの曲を超える感情が見当たらなかったため、

これはきっともうその時期なんだと思い

この度シングルでリリースする運びとなったのである。

 
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook

Copyright © Yusuke Chishima. All Rights Reserved.