Special Album「13191824 」

​セルフライナーノーツ

ご覧いただきありがとうございます。


この活動を始めた2013年当時19歳の千島から2018年24歳の千島が作った曲を集めた、

いわゆるベストアルバムってやつです。

活動5周年という振り返りには良い節目でもあり、

無期限活動休止前の作品ということ、

なにかが変わる前という意識もあり、


初めての関西ツアーを経て新たな思いも芽生えはじめたり。


その全てを記念したアルバムです。




改めてみなさんに聴いていただきたいと思う曲を、

身近で聴きやすい環境である"サブスク"で、

ほぼ既発曲ではありますが、

何回も聴いてもらえるように作りました。


1st Full Album「青少年」へ収録予定でレコーディングされていた

『素直になれなくて』や、


今回ボーナストラックとして、

千島が17歳の時に作詞・作曲し、19歳の時に全演奏を手がけレコーディングしていた

幻の未発表曲『NO TITLE』(改めて聴くと声が若い)


2017年1月に行われたバンド体制でのライブから『だいどんでん』


などのレアトラックも収録。


そして、今作用にStudio 810の相馬英彦 氏によるリマスタリングで、

"Special Album"として急遽、新しく表現しました。




選曲基準を特には設けていなかったのですが、

自らの思うがままに、展開やみんながどんな反応するかなどを考えながら選んでいきました。


中には配信終了した曲もあったり、出したくても諸事情で陽の目を見なかったりって曲があって、

でもどれも無駄にはしたくなくて。


後で自らが振り返ったときに少し懐かしさでニヤけられるような曲も入れました。


1st E.P.「ジョクセ」の収録曲が全曲が見送られたのは、

同時にジョクセとしてサブスクで配信してたし、「桜梅桃李」にも入ってるし、

これでベストにも入れたら流石にしつこいかなって思ったからです笑

でも4曲ともみなさんから高い評価を頂いていて、僕も好きな曲たちなので、

いつかこういうチャンスがあれば入れてあげたいと思ってます!




収録曲の中からいくつか選んで語ります。










「素直になれなくて」


1st Full Album 「青少年」に収録する予定でレコーディングしていました。

実はYouTubeに先行で楽曲は公開していて、割と自信のあるサウンドだったんですが、

自信ありすぎて、後に「エバーグリーン」として世に出す曲が出来たり、

似たようなサウンドが何パターンもできてしまって、

結局完成してたけど選べずにお蔵入りしていたものを思い切って収録しました。




「NO TITLE」


2011年(高校生の頃)に制作して、プロフィール見た方はわかると思いますが、

「メイキング」と同時期に出来た曲です。当時は4人バンドでやっていましたが、

あまりにもカッコ良すぎて、ソロにも持ってきたという感じです。

録音は2013年に白石PIGSTYにて。全部演奏してます。

お気に入りの箇所は、サビ終わりのベースとギターの絡みです。

ベースが降りていくのに対して、ギターはずっとDmを弾いているという斬新な試みをしている。

今では絶対閃かない展開。若さは素晴らしい。

これを書いた19歳当時は、子供でも大人でもない。サラリーマンでもない、プロでもない、地位や名誉、肩書き、財産、何もない自分の、音楽で食っていく、決意表明を曲にしました。




「だいどんでん(live at 2017.01.25)」


2017.01.25に札幌・SUSUKINO810にて行った、レコ発ライブの音源です。

ライブで、バンドでやるのが1番不安だった曲ですが、この日の中で1番良いテイクでした。

元々弾き語りの曲ってどんなアレンジになっても良いんだなぁって思わせてくれた曲です。

 
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook

Copyright © Yusuke Chishima. All Rights Reserved.